寝ても疲れが全然抜けない人って多いらしいのですが、そんな私も朝がダルイのが続いていた時期がありました。

そんな時に試して価値があったことを教えますね。どれも簡単なので試してほしいです。

 

その1
寝る前にスマホを見ない

やはりスマホです。夜寝る前のスマホは睡眠の質を下げます。深い眠りにならないと疲れは取れません。ブルーライトの危険性は捨てがたいですね。顔にスマホを近づけると水分が飛ばされてシミやシワになりやすいので女性の人は特に注意しましょう。

 

その2
寝る前に深呼吸をする

深呼吸することで無意識のうちに頭の中で悩んでいることから気を紛らわすことができます。
深呼吸するだけで新鮮な酸素が体内に入るのでリフレッシュできる効果もあります
脳がクリアになることで、睡眠の質が上がり疲れが取れます。7回くらい深呼吸すればそのまま寝落ちしてしまうこともありました。

 

その3
寝る前に食べない

寝る前に食事をとってしまうと寝ている間にも胃腸が消化活動をしなければならないので、せっかく体力回復するためのエネルギーを奪われてしまいます。寝る前は最低2時間は空腹にして寝たいものです。

 

おまけに、

口呼吸をしている人は深い眠りなりません。ですので、口にテープを軽く止めて、くちが開かないようにするとよいです。口が開かないと自然と鼻呼吸になりますのでオススメです。

 

以上、簡単なのことなのに効果が高い方法でした。