お陰様で2017年12月以降、アクセスも成約数も激減してしまった私が運営している健康系アフィリエイトサイトが復活の兆しを見せてきました。

今回の記事では私が何をしたのか?を参考までに書いてみたいと思います。

とは言いましても、グーグルによるアルゴリズムは発表されいないので私のやり方が今後も通用するとは限りません。

 

2018年6月時点のアクセス数と成約数の変化

 

2017年12月まではアクセス数が40000/月、成約数は20~30件でした。

 

2018年1月 25000↓ 成約数16↓

2018年2月 20000↓ 成約数6↓

2018年3月 15000↓ 成約数1↓

2018年4月 12000↓ 成約数1↓

2018年5月 17000↑ 成約数6↑

2018年6月 19000↑ 成約数8↑
※26日現在

 

全盛期に比べたらまだまだですが、急激な落ち込みから停滞するのではなくて徐々にアクセス数が戻ってきているので、この流れは良いと思っています。

 

健康系アップデート後にやった3つのこと

 

具体的には特別なことはやっていません。

今までもユーザーに役に立つような記事を心がけていましたから、むしろアップデートで何で飛ばされなければいけないのだ!とも思っていました。

 

  1. 誤字脱字チェック
  2. 勝負記事への内部リンク対策
  3. 記事更新は今までどおりのペースのまま

 

1、誤字脱字チェックの見直しは基本ですよね。読みづらい文章は信頼を落とします。このブログはあまり誤字脱字チェックをしていませんがアフィリエイトサイトでは念入りにチェックしました。

 

2,勝負記事(広告主サイトに誘導する大事な記事)が飛ばされた影響は大きかったです。その結果成約数が20件から1件にまで激落ちしましたからね。

そこで、他の記事から勝負記事へと誘導ための内部リンクを増やしました。

 

3,たいていのサイト運営者は、アップデート後にサイトが飛ばされると、そこで諦めるようです。私も1ヶ月は呆然として何もしませんでした。ただ、2ヶ月を過ぎたころから再び記事を更新しました。記事更新のペースは週に1回くらいです。もともと9割がた完成されたサイトなので、特別に記事を投入することはしませんでした。

 

その結果、あらゆるキーワードが検索上位に戻ってきました。

 

特別なことはしない!当たり前のことをする!

これって大切なことなのだとあらためて実感しました。