私も、1度は考えたことがあります。「小規模企業共済を毎月7万円積み立てれば、年間で84万円分を所得控除できるのだから、その分、国民健康保険が安くなるのではないかと・・・

しかしながら、夜の中甘くない。

 

【確定】残念ながら、小規模企業共済は、国民健康保険が安くはなりません。

 

行政のホームページを調べてみると、

国民健康保険料を算出する場合には、収入から「小規模企業共済」の掛け金は除かないで計算される!と書かれている。

やはり、小規模企業共済のメリットは、所得税と市県民税が減税されることや、お子さんが保育園に通っているとかの場合、世帯所得が下がるので保育料が安くなるというメリットもある※保育料無料化で恩恵がなくなったが・・・

あとは、あまり知られていないかもしれないが、差押禁止財産であること。ideco(確定拠出年金)もそうなのだが、万が一、借金が増えて自己破産してしまう羽目になってしまったとしても、没収されることはない。

 

国保が安くならなくても、いろんなメリットがあるのでぜひ活用してみてください。